WordPressのためのサーバーを借りる

サーバーとは?

前の記事では家を建てるイメージから「サーバーを借りる」ことを「土地を借りる」ことに例えました。wordpressでブログを立ち上げるにあたり、まずは土地を用意しなければなりません。

サーバーとはWebサーバー・メールサーバーなどのソフトウェアがインストールされた高スペックなコンピューターです。

自身でこのようなコンピューターを用意してサーバーを立ち上げる方もいらっしゃいますが、通常はこのサーバーをレンタルします。

おすすめのサーバー

無料のレンタルサーバー

気軽にブログをはじめてみたい方は無料のレンタルサーバーを借りるという方法もあります。

有料でもそんなに高額ではありませんが、とりあえず試してみるということでしたら無料という選択肢もありかと・・・。

いくつかのサーバーをご紹介します。

これからwordpressを使ってみようと思っている場合はwordpressが使えるサーバーなのかどうかを確認する必要があります。

ご紹介した無料のサーバーでwordpressが使えるのは「スターサーバーフリープラン」の中の「フリーWPプラン」のみのようです。

無料の場合、広告が表示される、容量の制限がある、アフィリエイトがNGなど使用上の制限がかかっていることがあります。レンタルする場合はご自身がしようとしている形とサーバーの条件が合っているかよく確認しましょう。
無料なので損失はありませんが、サイトを作り直したりする工数を考えると時間が無駄になる可能性があります。

有料のレンタルサーバー

有料の場合も、無料お試し期間が設けられていることが多いです。ただ、初心者が10日間や2週間無料お試しができたとしても、その良し悪しを判断することは難しいと思います。

借りたサーバーを途中で変えるにはかなりの労力が必要です。もちろんブログの初期の段階での引っ越しであれば、「ちょっと勉強になった」で済むとは思いますが・・・。

初心者の場合、良し悪しの判断もできませんので、ここはランキングなどでおすすめのサーバーを確認して借りることが効率的です。

なお、当サイトは初心者向けなのであまりたくさんのサイトはご紹介していません。

初心者はたくさん紹介してもどう選んだらよいか迷ってしまいますので・・・。

選ぶ際の主なポイントは、サーバーの性能(安定性)・複数サイトの運営・利用可能な容量・ランニングコスト・セキュリティとなります。

※各社のプランや時期的なキャンペーン、機能の追加などサーバーの情報は日々変化していきます。今回掲載の情報は2018年6月現在のデータです。実際にご契約の際は公式サイトの情報を必ずご確認ください。

ランキング1位 Xserver
抜群の安定性と老舗の知名度、大容量などを理由に利用者が多いことがポイントです。
個人のブログに限らずビジネス用としても幅広く活用されています。
今後複数サイトを運営することになった場合も考えると一番のおすすめサーバーとなります。

 

おすすめ度
おすすめプラン X10
初期費用 3,000円(半額キャンペーン中→1,500円)
ランニングコスト 1,000円/月(12ヵ月契約の場合)
容量制限 200GB
(※)マルチドメイン/DB 無制限/50個
ドメイン取得
ドメイン選択からドメイン取得・設定まで間違ったドメインを取得しないように、選択方法からドメインの設定までを詳しく解説。whois情報公開代行って何?ドメインプロテクションって何?といった分かりにくい項目についても分かりやすく解説しています。これからドメインを取得する不安でいっぱいのあなたのための情報です。...
2018年6月14日(木)12:00 ~ 2018年7月31日(火)18:00まで
「新規サーバーご契約で独自ドメインがずっと無料に!ドメインプレゼントキャンペーン」やってます!
え!私もタイミングが合えばよかったなぁ。
ランキング2位 mixhost
容量制限は低めですが、その他の部分ではXserverに負けないスペックです。
こちらの大きな特徴はアダルトサイトOKという点です。もし、そのようなサイトをご検討中ならおすすめはここしかない!です。
また、WAF/IPS/IDS対応となっている点も大きなポイントです

Webサイトを保護する脆弱性対策や、不正侵入防止など様々なセキュリティ機能が充実しています。

おすすめ度
おすすめプラン スタンダードプラン
初期費用 0円
ランニングコスト 980円/月(12ヵ月契約の場合)
容量制限 50GB
(※)マルチドメイン/DB 無制限
ランキング3位 SAKURAインターネット
こちらはwordpressを使うためにはスタンダードプラン以上の契約が必要です。
スタンダードプランでもランニングコストが月額500円未満となりますので非常にリーズナブルです。
ドメインは20個までですが、容量も100GBとなりますので低予算で始めたい方にはおすすめのサーバーです。
またWAF対応となっていますので、セキュリティ面もOKです。
おすすめ度
おすすめプラン スタンダードプラン
初期費用 1,029円
ランニングコスト 429円/月(年払いの場合)
容量制限 100GB
(※)マルチドメイン/DB 20個

マルチドメインとはサーバーを1つレンタルして、複数のサイトを運営できることを指します。上記でおおすすめしているサーバーでは全てがマルチドメイン可となっています。マルチドメイン不可のサーバーを安価で契約した場合、サイト追加により結局ランニング費用が高くなるという場合もありますので注意しましょう。

また、Xserverではマルチドメインは無制限ですがデータベース(DB)が50個までとなっています。wordpressでは必ず1つデータベースを利用しますのでXserverの場合、wordpressサイトは50個までということになります

まとめ

おすすめ1位はエックスサーバーですが、アダルトサイトを運営する予定があれば2位のMixHostしか選択肢はありません。
セキュリティ面を考えると現時点でエックスサーバーはWAFに対応していないのでMixHostを1位にしてもいいかもしれないです。
とはいえ、やはりダントツに使える容量が大きいエックスサーバーに軍配ありでしょうか。

ABOUT ME
まつみ
まつみ
もっと輝く50代応援メディア『50blog』を運営するアラフィフ女子まつみ@老後戦略家です。 現在は社内SEとして働きながら、これからの新しい働き方のために猛烈にポジティブに活動中です。 楽しく過ごす50代、おしゃれに暮らす50代、未来に備える50代。 50代は大忙しです。 もう若くないから・・・なんて言わずにもっともっと輝きましょう! 一緒にがんばる仲間も募集中!twitterフォローよろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です